• 展示会の装飾に用いられる文字

    一般的な展示会で宣伝を行いたい商品やサービスの特性をはっきりと際立たせようと、文字による装飾に趣向を凝らすことがあります。
    よく考慮されたキャッチコピーとともにそれらの文字、ロゴ、テーマカラーなどによって商品をアピールすることができます。



    適切な文字で展示会場において誘導することで、観覧する人々は自然と商品に向かって案内されることになります。
    そこで商品の特徴について、しっかりと伝えることができます。

    ここで重要なのが用いる文字のデザインです。

    こうした文字装飾は、あまり凝りすぎずにむしろ商品やサービスを引き立てるために用いる道具だということです。


    したがってわかりやすいもの、シンプルなものが好まれます。
    それでありながら装飾が洗練されていることも同時に求められます。

    そのさじ加減がデザインのポイントです。デザインの力量が問われるところといえます。


    さらにアイキャッチに用いる文字数は多くなりすぎず、むしろ少ない文字で、伝える方が効果的といえます。


    ブースを見学する人々にとっては、文字は少ない方が瞬時に情報をつかむことができます。

    これは多数のブースがある中で、興味や関心を引くためには重要なことといえます。

    日本経済新聞情報は必ず役に立ちます。

    つまり文字による情報に頼りすぎないこと、依存しないことです。


    もう少し情報が欲しい、さらに詳しく知りたいと思わせる方が上策です。

    逆に文字の多用のために、情報の森の中に商品を埋没させないようにし、むしろ見出しで引き付けるかのように文字をさりげなく使うほうがよりよいと考えられます。

    したがって展示会ブースで、詳しい情報を所望する人向けのパンフレットやリーフレットを別途準備しておくとよいでしょう。
    そうすることで情報をうまく絞って観覧者をまとめることができ、展示ブースを運営するうえで、統括がしやすくなります。