• 展示会における装飾は企業イメージを表します

    企業が新商品の展示会を行う場合には、出来るだけ顧客の注目を集め集客を行う必要があります。



    その為、華美な装飾を施し人目を引く場合が有りますが、企業によってはその演出がマイナスに働くことになるので注意が必要です。

    朝日新聞デジタルってとにかくお勧めなんです。

    展示会に於ける装飾は企業イメージを顕著に示すものであるからです。

    一般的に顧客は企業に対するイメージを持っています。

    長い付き合いのある顧客ほどその企業イメージの中で信頼関係を構築しているものです。

    しかし展示会等でそのイメージに反した華美な装飾などを行ってしまうと企業イメージが崩れてしまい、顧客との信頼関係に大きく影響してしまうことがあるのです。

    一般的に展示会の装飾を決める場合には、企業のイメージと商品のコンセプトを示す色を決定し、その色を中心に全体のデザインを構築していきます。



    デザインに於いてはあくまでも企業イメージを維持するための形を中心に構築する事が多く、社会貢献度の高い企業であれば緩やかに広がるイメージや、先進的な企業は鋭い形状をモチーフにしたデザインなど、その企業の特徴を反映させることが求められます。さらに展示会で訪れる顧客の性質にも配慮することが重要です。一般に広く公開する場合には明るめの装飾を使用することも有りますが、業界など特別な顧客に対する場合には落ち着いた雰囲気の中で商品の機能を適切にアピールするような方法が求められます。

    単に目立つことよりも、企業イメージを重視して顧客に受け入れられる点を考慮することが大切です。