• スタッフは展示会装飾の鍵をにぎる

    企業の展示会において、装飾の要素として展示スタッフは重要です。展示会ブースが完成したとしても、そこにこのブース設営の目的を熟知したスタッフが無くては意味がありません。
    展示会ブースを訪れる人々は、スタッフがいることでそのブースの伝えたい内容を多元的に捉えることできます。


    そのままパネルや表示してある内容を目にしただけとは違う形で情報を捉え、新商品の持つ意味についてしっかりと理解が深まるからです。ブースを訪れる人々への対応はどんな質問や意見に対しても、懇切丁寧な受け答えをします。それができて初めて、そのブースに対する評価はスタートできます。


    そこからどれだけ加点が得られるかは、ブースにおかれている商品とそれを支えるブースの装飾が担います。

    スタッフはあくまでも新商品を引き立て、それに関する情報を正確に把握してもらえるようにサポートする役割を担います。

    そして業務にあたってスタッフは、訪れた人々と直接交渉しますので、良い印象を常に与えるように対応します。


    受け答えについては、想定される問答は一通り頭に入れてそれをいつでもどこからでもアウトプットできるように、訓練しておくとよいです。



    周囲のスタッフに遠慮なく講評してもらい、よりよくなるように練習をします。

    Yahoo!ニュースに関する疑問を解消してください。

    展示装飾の一部としてスタッフは役回りを演じます。訪れる人の中には、その企業の製品の愛用者の場合もあり、詳しく商品について尋ねられることもあるでしょう。



    そのような場合には正確を期するために、後ほど調べてお伝えするなどの対応もいる場合があります。

    あいまいな返事やうろ覚えはもっとも慎むべきことです。商品の信頼性にも関わってきますので、より慎重な対応が望まれます。