歯医者の新しい治療について

歯医者と言えば、虫歯をドリルで削るキーンという音や振動を思い浮かべる人が少なくありません。

痛みもあり、できれば行きたくないと、虫歯ができても我慢してしまうこともあります。虫歯や歯周病は、一度かかってしまうと、風邪のように自然に治ることはありません。どんどん進行して、気づいた時には重症化していることが多い病気です。そのため、できるだけ早期に病気を見つけて、早く治療することが大切になります。最近では定期検診を勧めている歯医者も多く、病気になる前に予防しようという意識も高まっています。

それでも、歯医者は苦手という患者さんのために、新しい技術が治療に応用されています。例えば、虫歯を削るのもドリルではなくレーザーを使用して、音や振動もなく治療しようというものです。レーザーは虫歯だけでなく、歯茎の腫れや知覚過敏などさまざまな症状に応用されています。そして、虫歯をほとんど削らずに治す治療も登場しました。

虫歯菌を殺菌する薬を歯の中に入れる治療です。この方法は痛みもなく、削ることもありませんが、状態によっては使用できないこともあるために、歯科医師の診断が欠かせません。そして、歯周病でなくなった骨を再生させる治療もあります。歯が抜けてしまった場合も、インプラントを入れて人工の歯をかぶせることで、自分の歯のように噛めるようになります。かぶせる材質もセラミックなど、より透明感のある白い素材が活用されて、自然な見た目になるようにしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *