親知らずの治療には歯科医のセカンドオピニオンを

歯科でセカンドオピニオンを受けるひとが増えてきています。

とくに親知らずを抜歯するか否かについては、歯科医によって判断が分かれるところなので、人によっては医師の勧めがしっくりとこないという場合も多いのです。親知らずは、成人してから処置することになりますので、本人の気持ちに重点が置かれることが求められます。日常生活を送る上で、本人が不都合を感じていないような場合もあります。この場合、無理に親知らずを抜いてしまわなくても生涯にわたって一切の不便が生じないことも考えられます。

ただし、親知らずの生えてきている向きが、他の歯を圧迫するような角度であったり、口腔内の粘膜を傷つけてしまうような場合は、抜歯を勧められるようなことのほうが多いです。他の歯を圧迫する場合は、頭痛や肩こりの原因になることもありますし、顎の周辺に痛みをともなうこともあります。また、生え方によっては歯磨きが困難になり、そのために虫歯になる確率があがったりすることもあります。

こうした場合は通常、歯科医としては抜歯を勧めることが多いでしょう。口腔内の健康を保つためにはそのほうが良いと判断しやすいケースです。この場合、ほとんどセカンドオピニオンは無用です。ただし、患者の側で判断しづらい点があります。それは将来的にどういうトラブルが起こりうるかというところです。その点では、歯科医の判断が大切になってきますし、場合によってはセカンドオピニオンが必要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *