歯科のセカンドオピニオン、サードオピニオン

歯科はコンビニの数以上に増えていると言われています。

コンビニは再編が進んでいますから、コンビニの数以上に廃車の方が多いということもあるかもしれません。それぞれのクリニックごとに治療方針も違いますから、合わないと感じたらセカンドオピニオンをする方がいいでしょう。歯科の中にはできる限り患者さんが治療中の痛みや恐怖を感じないように注力してくれるところもありますから、治療の痛さを我慢するしかないというところは合わない人や、歯科そのものが怖くて仕方ない人はセカンドオピニオンをした方がいい場合に含まれます。

また、とにかく歯を削ったり抜くことを優先するところよりは将来一本でも多く歯を残すために他のところでは通常抜くべき歯でも温存治療をしてくれるところも少なくありませんから、歯を抜くと言われた場合も念のためにセカンドオピニオン、サードオピニオンをした方がいいと思われます。

他にも歯科と矯正専門のクリニックで提携関係にあるところは顎関節症などで器具を作る治療の為に矯正の方にまわされやすいのですが、この病気は歯科によって治療方針が大きく異なります。ブリッジなどの器具をつけることに抵抗がある人もセカンドオピニオンをして自分が納得のいくところで治療をした方が正しい選択となります。歯は一生ものですから少しでも入れ歯に頼らないで済むためにも、お医者選びはいろいろな意見を参考にしながら慎重にしていきたいものですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *