歯科にもセカンドオピニオンはあります

セカンドオピニオンという言葉をご存知ですか。

日本では主に医療の現場において使われている言葉で、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、最初に診察してもらったお医者さんとは別のお医者さんに診てもらう事を言います。特に、癌などの重大な病気を患ってしまった場合、納得出来る治療法を選びたくなるものです。そしてそれは、何も内科や外科だけの話ではありません。歯科においても、セカンドオピニオンはあるという事を知っておいて下さい。歯医者さんによって考え方・経験は様々であり、当然、彼らの得意分野も異なり、その治療法も変わってきます。

歯の治療は一生ものでありますから、歯科のセカンドオピニオンという選択をする事で、納得のいく治療を受ける事は、とても大切な事なのです。ただし、歯科のセカンドオピニオンに関しては、保険適用外となってしまいますので、インプラントなど高額な保険外治療を行う時などに求めるのが一般的です。

そして、残念ながらセカンドオピニオンを行っていない歯科医院が多いという現状がありますので、必ず事前に電話で問い合わせるなどして調べ、予約を取るようにしましょう。飛び込みで行ってしまっても、断られてしまう事が多いのです。また、ときどき無料で行っている歯科医院もありますが、そういった所は治療の勧誘目的、他の医院への紹介目的、別途費用を要求されたりと、悪質な対応をされる可能性もありますので、それらに注意して事前に確認する事を怠らないようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *