歯科のセカンドオピニオンを取る時の注意点

歯科治療を勧めていく中で不安な点が合った時や判断できないところが合ったというような場合にはセカンドオピニオンを取ることが勧められることもあります。

ですが歯科のセカンドオピニオンはただ別の医師にお願いしますと言うだけで貰えるようなものではありません。医師が判断を下すにはただなんとなく決めるということはできません。その人の治療方針を左右し、また場合によってはその後の人生すら左右しかねないのですから、必要なデータがそろっていないと本来必要なアドバイスをもらえない可能性が高いのです。そのため歯科のセカンドオピニオンを取る際には現在受診している医院に対してデータの開示を要求し、診療情報提供書という紹介状を書いてもらうようにしなくてはなりません。

こう言ったことを要求することは失礼なのではと考える人も多いのですが、実際のところ歯科にとってセカンドオピニオンを他の医院に取ることは珍しいことでもありません。むしろより安心して診療を受けてもらえるのであればその方が良いと考える医師もいますから、万が一求めても紹介状は書かない、データは公開しないと突っぱねるような医師はそもそもこちらから関係を断った方が良いでしょう。また別の注意点としてあるのが、セカンドオピニオンを求める際は自由診療になるということです。

費用を請求しない無料相談をしているところもありますが、ほとんどの場合は面談費や診療費として費用が請求されることになります。どれだけ手が込んだことでも3万円を超えることはありませんが、相談の際には事前に料金目安を聞いておいた方が良いでしょう。そして得られた情報は必ず覚えておいて自分が本来受診している歯科医師に相談し、その後を決めると言うようにするのがベストです。治療を受けるのは自分自身なのですから、必要と感じたのであれば状況に合わせて別の医師にアドバイスを求めていくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *