虫歯ができたら必ず歯医者で治療しよう

虫歯になってしまうと必ず歯医者に行く必要があります。

虫歯は、歯磨きをしても治ることはありませんし、自然に治ることもありません。ですので、虫歯ができてしまうと歯医者に行って治療してもらわない限りは、ずっと口の中に虫歯が残ったままになってしまいます。

虫歯を治療せずにそのままにしてしまうと虫歯の進行はどんどん進んでしまいます。虫歯の進行が進むと次第に歯に痛みを感じだして、食事もできないほどの痛みに襲われる場合もあります。また、虫歯の痛みは急に襲ってくるので、いつ虫歯の痛みに襲われるかわかりません。

市販の痛み止めを飲んで、虫歯の痛みを抑えたとしても、虫歯が治ったりはしないので、薬の効果が切れればまた痛みを感じ始めてしまいます。虫歯の痛みも我慢して虫歯をさらに放置してしまうと今度は、虫歯は顎の骨にまで侵入してきます。

顎の骨に侵入してしまった虫歯を治すには、顎の骨を削って治療しなければならないので、顔の形が変わってしまう恐れも出てきます。ですので、そうならないようにするためにも虫歯ができたら必ず歯医者へ行って治療してもらうことが大切です。

歯医者が怖いという人も最近の虫歯治療は、痛みを感じない無痛治療を行ってくれる場合がほとんどですし、歯を削らないで虫歯を治療するレーザー治療といった治療方法もあります。ですので、昔感じていた歯医者の恐怖も感じずに虫歯を治すことが可能ですので、虫歯が必ず治すようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *